ダイエット

【ダイエット中にもお勧めのハイボール】缶と手作りどっちがお得?

あなたはハイボールはお好きですか?

 

僕は、もともとビールが大好きですが
昨年頃から、糖質制限ダイエットを始めてからというもの、ビールの糖質の量も気になりだしました。

しかし、完全にアルコールを抜く事はとてもきつかった為、調べていると

 

ハイボールは低糖質でダイエットにとっても向いているアルコール!

 

という事を知ってしまい、それからはもっぱらハイボールを飲むようになりました。

それでもなんと、アルコールは辞めずに体重は減り続け3ヵ月で7キロほどのダイエットにも成功しました!!

 

そして、毎日ハイボールを飲んでいるうちに疑問が…

 

「缶で買うより、自分で作ったほうが、安くてうまいんじゃね?」

という疑問がわいた為、今回徹底的に検証をしてこの記事を作成しました。

是非みなさんも参考にして、経済的でなおかつダイエットにも向くハイボールを一緒に始めましょう。

ハイボールが人気の秘密

飲みやすく若者に人気

ウィスキーを炭酸で割ったハイボール。

ウィスキーってなんか、とってもおじさんが飲むイメージが強く、きついイメージがしますよね。しかし、炭酸で割ることによってとても飲みやすく女性にも人気の飲み物でもあります。

最近では、若い方は、「とりあえず生ビールで!」ではなく

「とりあえずハイボールで!!」って方も増えてきているみたいです。

ダイエットにとても向いている

皆さんはダイエットしてますか?

僕も一年ほどダイエットを頑張って70キロから63キロぐらいまで減量しました。

その時にもハイボールは毎日のように飲み続けました。アルコールといえば、ダイエットの天敵でもありますよね。

しかし、飲んでも太らないハイボールは僕にとっては天使のような存在でした。

ハイボールは低糖質!

色々なダイエットを今までやってきましたが、結局の所いまもやっている

糖質を制限するダイエットが一番効果がでてます。

カロリーが高かろうが、脂肪が多かろうが、糖質が低ければ太りません

嘘だと思うかもしれませんが、本当なんです。。肉、マヨネーズ、チーズ、ハイボールなどなど好きな物を好きなだけ食べても太らないんです。

ここに関してはまた記事としてあげるつもりです。

 

…話はもどり、その肝心の糖質がハイボールにはほぼ0なんです。

 

いくら飲んでも太りません!!但し、おつまみとかは注意して下さいね。

おススメのおつまみは↓

美味しいハイボールの作り方【極】

準備するもの

・ウィスキー(サントリーが美味しいよっ)

・炭酸水(強炭酸水がおすすめ)

・レモン汁(生のレモンがあればもっと良い)

作り方

  1. グラスに氷を一杯に入れて冷やします。
  2. ウイスキーを適量注ぐ。その時の気分で変えれるのが手作りの良い所(^^)
  3. ウイスキーまぜます。
  4. ソーダを加えます。(優しく、ゆっくり注ぐ!)(ウイスキー1:ソーダ3~4の割合がおすすめです)
  5. マドラー、無ければスプーンで縦に一回だけまぜる!!

混ぜすぎたら炭酸飛んじゃうから美味しくないよ::

 

これを飲みながら子供が眠った後にブログを書くのが、僕の日課であり幸せです。

あなたも、手作りに挑戦してみませんか?

お好みでレモン汁を結構沢山入れると美味しいよっ!

市販と手作りどっちが美味しくて安い?

ハイボールマニアがおすすめする市販ランキング

 

市販ランキング1位
サントリー角ハイボール(濃いめ)
市販のハイボールといえば角ハイボール
その中でも濃いめのこの商品はおススメ
値段が少し高いのがネック350ml/175円
市販で味を求めるなら絶対これ!
全体の評価
値段

詳細ページ公式ページ

とっても美味しいです!安ければ絶対これを毎日飲みます!

 

市販ランキング2位
TAKARA 焼酎ハイボール レモン
味・値段・量 三拍子そろったハイボール
僕が一番飲んだであろうハイボール。
500ml/140円という値段が家計に優しい。
もう少し味が濃ければぶっちぎりの1位だと思う。
全体の評価
値段

詳細ページ公式ページ

値段も量も申し分なし!これ一本で一日足ります。

 

市販ランキング3位
宝山 鹿児島ハイボール(限定酒)
これぞ本気のハイボール。超有名酒造が最高のお酒を使って作ったハイボールです。
味?不思議なぐらい美味しいです!
高くて二本しか飲んだ事ありませんがっ( ゚Д゚)
お金持ちの方には是非お勧めしたいです
350ml/216円
全体の評価
値段

詳細ページ公式ページ

市販ですと、平均すると一本当たり150円ぐらいが相場ですね。それでは自作で作ってみたらいくらぐらいかかるか計算してみましょう。

 

手作りだといくらかかるのか計算してみよう

 

ここからが本題です。

我が家で作ってみるといくらかかるのか計算してみよう。

角のボトル 1本 700ml 1400円 ハイボール一杯で約30mlなので計算すると

ウィスキーの値段

(角の1本あたりの値段)1,400円÷内容量(700ml)=2円(1mlあたり)

ハイボール一杯にかかるウィスキーの値段

一杯約30ml×2円=60円(一杯にかかるウィスキーの値段)

炭酸水の値段

(炭酸水の値段)500mlで60円!(地元のディスカウントのオリジナル)

 

自宅で作ると一杯120円

 

一杯あたりにかかる費用

(ウィスキー代)60円+(炭酸水)60円=合計500mlで120円!!

意外と高いwww

ただ、これは高いウィスキーを使用してる場合ですので、少し安いのを作ろうとするとコスパのいいウィスキーもたくさん売ってるのでそれをチョイスすると1ml当たり1円ぐらいのがあるので合計で90円ぐらいでは作れるんじゃないかな?

 

ハイボールを自宅で作るメリット、デメリット

メリット

  1. 少しでも安い値段でハイボールが楽しめる
  2. 気分によって、濃さを簡単に変えれる(早く酔いたい日には少し多めとか)
  3. 色々な種類を作る事ができる!
  4. なんかウィスキーボトルが家にあるとお洒落
  5. 値段の割にとても美味しい!!

デメリット

  1. 炭酸水が中途半端に残る事がある。(次の日は炭酸が微妙な為使いづらい)
  2. 炭酸水を買いだめしとく必要がある(ネット推奨)
  3. 作る事がめんどくさい時がある(だって人間だもの)
  4. 缶にくらべ洗い物が多い(コップ、マドラー・スプーン)
  5. 氷を作っとかなければいけない

 

まとめ

 

この記事を読んであなたはハイボールを自宅で作りますか?

僕は色々な飲み比べをしてきましたけど

やっぱり結論は自作派です。

やっぱり、なんだかんだいって安い。というのが一番です。少し手間はかかりますが、コストを抑えられるのはやっぱりメリットが大きいと思います。

 

ただ1つアドバイスとして、缶もストックしてあるといいと思います。

やっぱりその時その時で、作るのがめんどくさい時って絶対あるんですよ。そういう時にパッと飲める缶タイプを置いてるといいと思います。

 

ダイエットにもお勧めのハイボールをあなたもこの機会に見つめなおし

素晴らしいハイボーラー生活を一緒に楽しみましょう(^^)/